都営新宿線一之江駅A3b出口より徒歩1分。
「市川」を始めとする千葉県内からのアクセスも良好です。

電話

お電話での
ご予約はこちら

医療法人社団義恵会 宇田川産婦人科

宇田川産婦人科では子宮ガン検診を行なってます。

子宮がんは、主にがんができる場所によって、子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。このうち子宮頸がんは、年間約1万人が罹患し約2,900人が死亡しており、患者数・死亡数ともに近年増加傾向にあります。

特に20歳から40歳代の若い世代での罹患が増加しています。子宮がんは、早期に発見し、治療すれば治すことのできるがんと言われています。自覚症状がなくても定期的に検診を受けられることをおすすめします。

当院では江戸川区の子宮がん検診を行っております。

【対象者】
①江戸川区に住民票があり
②2年以内にがん検診を受けていない方で
③性行為の経験がある20歳以上の方
月経時以外はいつでも検診が可能です。
事前にインターネットまたはお電話でご予約をして下さい。

子宮癌の主な種類

・子宮頸がん 子宮の入り口(子宮頸部)にできるがんのことを子宮頸がんと呼びます。初期がんであれば治療後の妊娠・出産も可能です。ただし、初期がんでは自覚症状がないため、早期発見のためには年1回程度、定期的に検診を受けることが望ましいとされています。検査では子宮頸部の細胞を綿棒のようなものでこすり取り、顕微鏡を用いて診断します。 ・子宮体がん 子宮体部の内側を覆っている子宮内膜にできるがんを、子宮体がんと呼びます。40代後半から発症率が高まり、閉経を迎える50~60代がピークとなります。初期がんのうちから不正出血などの自覚症状がありますが、早期発見のためには体がん検診を受けることが大切です。検診では子宮の中に細いチューブのようなものを挿入し、子宮の中の細胞をとって診断します。

子宮癌検診における主な検査の種類

・細胞診検査 子宮の入り口(外子宮口)付近を綿棒、ブラシ、またはヘラのような器具でこすって細胞を採取し、顕微鏡で正常な細胞かどうかを確認します。この検査で生じる痛みは、普通、それほど強いものではありません。 ・HPV検査 「HPV検査」は、細胞診と同様に採取した細胞が、子宮頸がんの原因であるウイルスに感染しているかどうかがわかります。細胞診の際に摂取した同じ細胞を利用して検査も可能です。 ・コルポスコープ検査 コルポスコープで病変のある子宮腟部を特殊な加工をして観察することにより、病変の位置や進み具合、広がりがすぐにわかります。この検査は異形成や初期子宮頸がんを唯一リアルタイムに検出できる方法です。 ・子宮内膜組織検査 慢性子宮内膜炎を厳密に診断する場合、子宮内膜組織を採取し、顕微鏡で形質細胞という細胞を確認することで行います。通常、排卵後の月経高温期(黄体期)に行います。必ず、検査を行う月経周期は避妊をして来院してください。また抗菌薬で加療を行い、その効果判定を行う場合には抗菌薬内服終了後、1週間以上経過経過してから検査を行ってください。

診療内容

産科

当院では、
親切・安心・家庭的を
基本精神としてお産のお手伝いを
させていただいております。

詳しくはこちら

婦人科

当院では
婦人科一般外来から
更年期障害やピル処方など、
婦人科外来を行なっています。

詳しくはこちら

検診

当院では子宮ガン検診等の
検診を行なっております。
また、ブライダルチェック等の
ご相談も行なっております。

詳しくはこちら

アクセス

住所〒132-0024
東京都江戸川区一之江 8-15-3
電話番号03-3656-5750
メールアドレス
アクセス都営新宿線一之江駅A3b出口より徒歩1分

都営新宿線「一之江駅」A3b出口より徒歩1分。
「市川」を始めとする千葉県内からのアクセスも良好です。

初診・産科・婦人科・子宮ガン検診を含め予約制となっております。
また、子宮ガン検診の方は通常の診察との同日受診は受け付けておりません。

診察は予約制のため、基本的には予約外の患者様の診察は行っておりません。
当日の枠が空いているケースもありますので、診察時間内にお電話にてご確認下さい。